e-learningの導入で人材育成を成功させる方法

研修にぴったりのe-learning!使いこなす3つのポイント

研修の重要性

自社や部署に適したe-learningを導入するのは、どこをチェックすれば良いのでしょうか。 せっかく時間を割いたe-learningの研修が意味のある物にする為に必要なステップ、ポイントを紹介しています。もちろん受講される方の心得も紹介していますので、ご安心下さい。

複数あるe-learningの選び方

研修といっても、この先企業にとって役立つ情報になるのですから、当然コストが発生します。ここではe-learningの導入方法はもちろんですが、発生するコストについて説明しています。大よそ発生する時間も公開しているので、業務スケジュールを確認しながら導入出来ます。
ルーチンワークを含む日々に業務に追われ、中々しっかりと出来ないのが悩みどころです。外部へ委託し研修をしてもらうのも良いですが、それではコストが発生しますし自社カリキュラムと大きく異なる場合もあります。
そこで近年から注目を浴びているのがe-learningです。e-learningと言うのはPCやモバイル端末でインターネットへアクセスし、専用のサイトで受けられる教育システムです。一般的な教材とは違い集合研修を配信する、またはテレビ会議システムを使って研修が受けられる様になっています。受講内容もとても豊富なので、IT関連の企業であれば役立つ事間違いありません。
e-learningではLMSと呼ばれる特殊なシステムを使っています。LMSはe-learningで配信されたアンケートやテストを含む学習内容や履歴を保管・集計し管理してくれるシステムです。これらを活用する事により、より実践的な研修を提供出来ます。
今回はe-learningの導入方法、選び方、そして注意点のステップに分けて紹介しています。既に導入しているが効果に伸び悩んでいる企業にも役立つ情報ですので、ぜひ参考にして下さい。e-learningは使い方次第で効果的な研修になります。

e-learningを導入する方法とは

便利なサービスなのですぐに導入したい。その場合はどの様な方法と取るのが良いのでしょうか? e-learningにはいくつかの導入方法があり、それぞれの特徴を説明しています。 料金に関しても公開しているので導入検討している方に役立つ情報になります。

注意点を知りより効果的な研修をする

せっかくe-learningで研修を受けたにも関わらず身になっていないのはもったいない事です。 企業としてもコストをかけているので、出来る限り業務に使える様な研修を提供したいのは当然です。e-learningでよくある失敗を知った上で、回避方法を提示しています。

TOPへ戻る