研修にぴったりのe-learning!使いこなす3つのポイント

研修の重要性

業務にあったe-learningですか?

例えばIT技術系で、対面での対応が無い方に対面での対応スキルを与えても効果的ではありません。この場合は技術に特化した知識、そして不明点などをエスカレーションする際に円滑にする方法を学ぶと研修の効果を発揮してくれます。
e-learningは数多くのカリキュラムを提供しているので、どのカリキュラムが自社に合っているのか分からなくなってしまうケースもあります。その際に気を付けて欲しいのが「何をしている企業(部署)なのか」そして「これからどうなって欲しいのか」と明確にする事です。
IT技術系の部署で営業スキルを身につけてほしい場合は、対人スキルをつけると有効です。もし不明点や質問があればe-learningの運用側へ問い合わせをする事も出来ます。

モバイルからもアクセス可能?

従来の研修と言えば会社で受けるのがスタンダードでした。しかもPCを使うのがメインですので、その間は業務を進める事が出来ません。
e-learningはモバイル端末にも対応しているので、常時会社にいない営業スタッフも空いた時間を使って受講出来ます。タブレットやスマートフォンを使った研修が受けられるので、研修に合わせてPCを空ける必要もありません。
ちなみにe-learningで受講した履歴はサーバーに保管され、次回の研修にも活用出来る様に集計されます。
その為、どの研修を受ければ良いのか分からないという企業にも、ぴったりのカリキュラムを紹介してくれます。もちろんある程度のカスタマイズも出来るので自由度が高く、身になる研修が可能です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る